院内

特徴的な症状に注目しよう

体調の悪い女性

胸焼けがひどい

逆流した胃酸によって食道や胃の内部が刺激されると、胸のあたりに激しい不快感を感じるようになります。特に横になっている体勢は胃酸が逆流しやすくなるため、なかなか寝付けないということも考えられるでしょう。口の中が酸っぱくなることも特徴的です。飲酒していない場合もそのような症状が現れている場合には、逆流性食道炎の疑いがあると言えます。

苦しそうな男性

激しい胸の痛み

胸焼けがひどくなっていくと、徐々に胸の痛みも深刻になっていきます。特に食後には痛みを強く感じるようになるでしょう。胃酸によって荒れてしまっている食道を食べ物が通過することで、強い痛みが生じてしまうのです。胸焼けを改善しなければ痛みが消えることはないため、根本的な治療を受けることが大切です。早期治療を受けることで胃や食道へのダメージは少なくなります。

喉風邪のような症状

胃酸は食道だけではなく、喉のあたりまで逆流してくることがあります。そうすると喉の粘膜も大きなダメージを受けることになるため、声が枯れたり喉が痛くなったりと、風邪のような症状に見舞われるようになります。喉から食道にかけて胃酸によるダメージを受けると、食事の際に激しい痛みに襲われるようになるため、食べ物を嚥下することが難しくなることも考えられるでしょう。

逆流性食道炎を知る手がかり

急に症状を発症した時が心配……。自力で症状を改善させることは可能ですか?

市販の医薬品を服用することで、症状が改善されることがあります。ドラッグストアなどでも手軽に購入出来るため、病院を受診する時間がないという人などに最適です。顆粒タイプや錠剤など、自身が飲みやすいタイプを選択することも可能です。しかし他の病気の治療目的で薬を服用している場合などは、専門医にしっかり相談してみる必要があるでしょう。

中高年にかかるイメージが強い逆流性食道炎。若い人でもリスクはありますか?

逆流性食道炎は中高年世代に多いものの、若年層でも十分にリスクがあります。飲酒や喫煙を出来るだけ控え、生活習慣を正してみると良いでしょう。再発するケースも多いので、対策をしっかり行なっておく必要があります。病院では生活習慣を改善させるための指導も行なわれているので便利です。定期的に検査を受けることも必要だと言えるでしょう。

市販の医薬品は逆流性食道炎に効きますか?また、選び方で注意することは?

症状が軽い場合は自力で治療することも可能です。胃の痛みや胸焼けなどの症状に気付いたら、市販の薬を購入してみると良いでしょう。お手頃な価格で手に入る薬も多いため、成分や効能などを確認した上で服用してみることが大切です。もしも市販の薬で効果が出なかった場合には、専門的な治療を受けるために病院を受診することが必要になるでしょう。

以前、病院へ通って治療を受けましたが、再発のリスクはありますか?

逆流性食道炎は、生活習慣によって引き起こされる可能性が高い病気です。従って、一度適切な治療を受けてもまた再発してしまう可能性が高く、生活習慣を正すことが必要でしょう。出来る限り定期的な検診を受けて再発をしないように体のメンテナンスをすることがおすすめです。

身近な病気のひとつ

逆流性食道炎は、テレビコマーシャルで一躍有名になりその病気の名前が知られました。しかし、それよりも以前に逆流性食道炎を患っている人は多くなり、現代病の一種となっています。もちろん、胸焼けや胃もたれが毎日続くので体に重たく、毎日の生活に支障が出ます。症状に気がついたら早めに治療を受けましょう。