胃や食道に関するトラブルを解消するための知識をつけよう!

BODYCHECK

医師

逆流性食道炎の主な原因

医師

飲酒や喫煙、ストレスは良くない

逆流性食道炎とは、胃酸が食道まで逆流してしまい、粘膜にダメージを与えるという症状が特徴的な疾患です。胃の粘膜は特殊な粘膜で覆われているため胃酸のダメージを受けることはありませんが、飲酒や喫煙によって下部食道括約筋がゆるんでしまうと、胃酸が逆流しやすくなります。また、ストレスによって胃酸の分泌量が増えたり、胃を覆う粘膜が減少してしまったりすることも珍しくありません。

加齢に伴う体の変化

年齢を重ねることで体の各器官の機能性は低下してしまいます。胃酸から胃を保護する粘膜の分泌量が減ることも同様です。胃のムカつきなどが気になるようであれば、医療機関を受診して検査を受けてみると良いでしょう。食道の蠕動運動が弱まることも逆流性食道炎の原因になります。生活習慣が乱れがちな若年層にも発症リスクはありますが、高齢者は特に注意が必要です。

迅速な対応が体調回復に繋がる

逆流性食道炎の症状は特徴的なので、出来るだけ早めに治療を始められるようにしておきましょう。病院を受診する方法や市販の薬を服用する方法など、症状を確実に改善させるための方法は自分自身で選択することが大切です。正しい知識をつけるようにしましょう。

逆流性食道炎にならないための予防法5選

料理

食生活の見直し

脂っこい食べ物などが主食になっているなら、野菜を多く取り入れてみると良いでしょう。肉の摂取量を控えるだけでも、体調は徐々に改善されていきます。ホルモンの分泌量などを調整するためにも食生活の見直しは重要かつ効果的な予防法です。

姿勢を正す

座ったままの姿勢で仕事をすることが多い人は、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなっていることがあります。腹圧が強くなると胃酸が逆流しやすくなるので、吐き気や胸焼けを起こしやすくなります。正しい姿勢を維持出来るように気を付けましょう。

肥満体型を改善

食生活の改善とも似ていますが、肥満は大病の元になるため、ダイエットを始めると良いでしょう。脂肪によって腹圧が強くなったり、食道裂孔ヘルニアを発症したりするリスクを軽減させることができます。また、肥満は逆流性食道炎から派生する合併症の危険性も高まるため、肥満体型を克服することが大切です。

飲酒や喫煙を抑える

普段から飲酒や喫煙をすることが習慣化している場合、その量を徐々に減らしていくことが効果的です。逆流性食道炎だけではなく、心筋梗塞の予防や肝臓、肺への負担軽減にも繋がります。まずは、適度な飲酒と喫煙習慣をやめることで体の内側から不健康の因子を取り除きましょう。

適度な運動

筋力が低下すると蠕動運動の働きが弱まってしまいます。適度な運動は体調管理の面で必要不可欠です。時間を作ってウォーキングなどを行ない、体力を取り戻せるように心がけることが理想的です。ただし、急激な運動は逆に逆流性食道炎の症状を悪化させる恐れがあるので十分気をつけましょう。

健康体になろう

症状を発症することを予防したいのであれば、自身で行なえる予防法を知っておくことが重要。実際に早期発見と対策をすることで、逆流性食道炎の症状を緩和させたり改善効果が見られたりします。ちょっとしたことからコツコツはじめて健康体を目指しましょう。

逆流性食道炎に関するおすすめ情報

胃酸が逆流する原因って?

逆流性食道炎の主な原因が紹介されています。生活習慣を見直すためにもチェックしてみると、自分自身を見つめ直すきっかけになりますし、症状を悪化させない予防策に役立ちます。また、胃酸を出さない工夫をすることで胃の負担を軽減できます。

READ MORE

検査方法を確認してみよう

病院で実際に行なわれている検査方法は数種類あります。受診する前に目を通しておくのも悪くありません。早期発見をして十分な対策を取ることができるように、医療機関で行なわれている検査方法を一通り把握しましょう。

READ MORE

確実な症状改善

適切な治療を受ければ逆流性食道炎を治すことが可能です。症状に合わせた処置を受ける必要があります。また、症状を改善した後は生活習慣を合わせて正すことが必要であり、再発しないための対策をしっかり立てることが大切です。

READ MORE